Co-learning Business School コラーニングビジネススクール

代表ブログ

Blog
  • 2018.09.03

    コラム

    【スクール立ち上げの想い:①『知識』】 

    〜ビジネスパーソンの「知識不足」とこれを補う方法〜

    私自身、多くの企業様で管理職前後の方と新規事業立案や事業・部門単位での問題解決を行なっていますが、「知識」が特定領域に固まっているがゆえの弊害を強く感じます。

     

    ここで言う「知識」とは、公開情報(ネットや書籍)で賄えるものではなく、業界特有のノウハウ(形式知≒業界常識)のレベルです。とある業界であれば当たり前に出てくるアイデアが、違う業界では全く出てこない。また、業界の過去経験からある種のアイデアを無意識にNGと判断してしまう(出さない)。1つの業界の中で考えていると、このような「思考の箍(タガ)」から抜け出すことができない事例を多く見て来ました。

     


    しかしながら、これらの弊害は多くの場合、それぞれの会社の役員クラスの方(その中でも、新規事業や部門んの問題解決などへ積極的にご協力いただける方)に、多くの場合『思考の箍』を感じません。
    ※ビジばし受講者のプレゼンにツッコミを入れて、思考の枠を広げてくれます

     

    これを分析していくと、その一つの回答は「異業種交流」、または「転職」が起因していました。転職はわかりやすいですが、「異業種交流」がとても重要で、その方々は仕事だけでなく、プライベートで多趣味であり、友人(結果的に他業界の方)との関わりを大切にし、それぞれの業界で起きていることを情報交換していました。つまり、『興味を持ち・聞く』ことでした。
    ※会話の多くは、公開情報に基づく質問からの展開でした

     

    また、その「情報」を基に、自身の業務で「あれに使えるんじゃないか」などを『常に妄想し、周囲と会話し、仕事の中で試してみる』ことを若い頃から実践された方が大半でした。その結果、会社に対して主体的であると認められ、周囲からの人望もあり、成果も出し・・・結果的に今のポジションにおられるのだと思います。

     

    ■ご参考(自説):
    パフォーマンス(アウトプットの質)=考える力(思考力)×考え方(価値観)×知識(情報・経験)

Archive :   

Category :

Tag :

contact

お問い合わせ

お名前
メールアドレス
お問い合わせ内容
×